女性の顎髭を自己処理は危険!安くできるあご脱毛サロンまとめ

zikisdaoi
ふと鏡を見た時に、太くて濃い毛が顎からニュッと生えていたら気になりますよね。
女性だったら、まるでヒゲのようなそのムダ毛は、きっと悩みの種になるでしょう。

そんな、フェイスラインにやたらしっかりした毛が生えているのを見つけたあなた。サロンですっきり脱毛しちゃいましょう!

女性でも顎に毛は生えてくる

安心してください。ヒゲのような毛に悩んでいるのはあなただけではありません。
「ヒゲジョ」「オス化女子」という言葉があるようにフェイスラインの毛に悩んでいる女性は意外と多いのです。

原因はホルモンの乱れ

男性ホルモンは女性でも分泌されます。
ヒゲのような毛が生えるのはホルモンの乱れが原因です。
女性ホルモンの分泌が減って男性ホルモンが優位になると「オス化」が起こるのです。

ではホルモンバランスはどうして乱れるのでしょうか。その原因を5つ紹介します。

①寝る直前まで液晶画面を見る

ホルモンバランスは自律神経の働きで調整されます。
自律神経が正常に機能する状態とは、体の活動力を高める交感神経と体を休めて修復する副交感神経とがバランスよく働いている状態のことです。
寝る前に携帯電話やゲーム機などの画面で強い光を浴びると、「メラトニン」が分泌されにくくなります。

「メラトニン」は睡眠ホルモンと呼ばれ、副交感神経をより優位にして眠りへ導く作用があるのです。
夜中に強い光を浴びるとメラトニンの分泌が滞り、副交感神経の働きを抑制して自律神経の乱れを引き起こします。

床についたら部屋を暗くし、入眠まで静かに待ちましょう。

②ストレス

過度のストレスは交感神経を刺激し、優位になる時間を長くします。
これが自律神経の乱れに直結するのです。

③ゆとりがない

1日の時間の使い方を振り返ってください。

落ち着いて食事ができていますか?
入浴中はリラックスできていますか?
心地よく眠りに就けていますか?

食事や入浴、睡眠は副交感神経が優位になるタイミングです。
妨げないようリラックスして過ごすことが望ましいのです。
1日のサイクルを見直して、時間にゆとりを持ちましょう。

④炭水化物の不足

神経の栄養源はブドウ糖だけです。
ブドウ糖は米などの炭水化物に含まれます。
炭水化物を毎食摂取することが、自律神経の正常な働きを促します。

だからこそ、体のために1日3回の食事を心掛けたいものですね。

⑤体の冷え

女性ホルモンは卵巣から分泌されます。
体が冷えると卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの分泌量に影響するのです。
入浴時は湯船にしっかりと浸かるなど、体を温める習慣を身につけましょう。

生まれつき

ヒゲのような毛は、生活習慣が原因のほかに、生まれついた体質の仕業とも考えられます。
生まれつき男性ホルモンの分泌量が多い人は、生活態度から原因を探すことはできません。
このような人の場合には、女性ホルモンを補うことで症状の緩和が期待できます。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンとは女性ホルモン「エストロゲン」と似た効果を持つ栄養素です。
大豆そのものだけではなく、豆腐などの加工食品からも摂取できます。
1日の摂取目安量は、70~75mgといわれています。
これは納豆に換算するとおよそ1パック分です。

大豆イソフラボンを使ってホルモンバランスを調節するのも1つの手段になるでしょう。

自分での処理は危険

一方で、すでに生えてしまった毛を自力で何とかしようとするなら、抜くか剃るかの2択が考えられるでしょう。
しかし、どちらも女性の肌に優しい方法ではないのです。その理由を説明しましょう。

毛抜きはNG

毛抜きの場合はピンセットと鏡があれば手軽に気になる毛を処理できます。
とにかく簡単に問題を解決できるので、多くの人がこの方法を選んでしまうようです。
実は肌にとって毛抜きでの処理は落とし穴なのです。

なぜなら毛穴を広げて跡を残したり、埋没毛を作ったりと肌トラブルを引き起こしやすいからです。
簡単に毛をきれいに処理できなければ意味がありません。肌のために、毛抜きをするのはやめましょう。

カミソリは慎重に

日常的にひげそりをする男性と違って、女性は顔にカミソリを当てることに不慣れな人が多いのではないでしょうか。
処理中に思わぬ方向に刃が滑って顔を傷つけてしまうかもしれません。
男性と比べて女性の肌が柔らかいことも、気軽にカミソリを当てられない理由の1つです。

カミソリはムダ毛と一緒に肌表面の角質を削ってしまいます。
すると、女性は肌が柔らかいため、ひどいカミソリ負けをして炎症を起こす場合もあるのです。
もし、カミソリを使う場合は、面倒でも慎重に正しく使うことを意識しましょう。

具体的には以下ような方法をするのがよいでしょう。

カミソリの使い方

専用のシェービングフォームを用意して、肌を保護しながらカミソリを当てます。
シェービングフォームをボディーソープで代用すると皮脂を落として処理をすることになり、肌を傷めることにつながります。
次に、毛の流れに沿ってカミソリを動かします。

この時、カミソリを肌に押し付けないよう注意しましょう。
同じ所に2回以上刃を当てると肌を傷めるので、一度で済むようにゆっくりと動かしていきます。
処理が済んでシェービングフォームを落としたら、化粧水で水分を補給して乳液などで水分が逃げないようフタをしてください。

意外と安い!顎の脱毛

自力での処理もよいのですが、サロンを使うという選択肢もあります。
高いイメージのあるサロンでの脱毛ですが、実は意外と安く施術を受けられるのです。

リスクのあるセルフケアを行うよりも、プロを頼ってみてはいかがでしょう。

そこで、おすすめのサロンを4つ紹介します。

①ディオーネ

ディオーネで顎の脱毛をすると、12回コースで24,000円(税抜)です。
1回あたりに換算して2,000円と考えることができます。
子供にも施術できる優しい脱毛が特徴です。

②キレイモ

キレイモは全身脱毛専用のサロンのため、部分脱毛のプランがありません。
全身脱毛のプランに顔の脱毛が含まれるのが特徴なのです。
おでこや眉上から顎下まで、顔のほぼ全てがプランに含まれます。

月額9,500円(税抜)でフェイスラインを含めたムダ毛の悩みを解消しませんか?

③ミュゼ

フリーセレクト美容脱毛コースで顎の脱毛ができます。
12回のコースなら23,940円(税抜)で、1回あたりに換算すると1,995円で施術を受けられます。

ミュゼは国内に191もの店舗を展開し、どの店舗でも自由に施術を受けられるので予約をとりやすいサロンといえます。

④銀座カラー

フリーチョイス脱毛コースのデリケートチョイス、1部位・脱毛し放題がおすすめです。
口下を脱毛する場合、30,700円(税抜)で何回でも脱毛できてしまうのです。
価格に魅力を感じるコースですね。

最後に

男性ホルモンが優位になってしまう背景には、生活習慣が起因するホルモンバランスの乱れなどのほかに、荒っぽい言葉を遣うなど男性的に振る舞うことも関係するといいます。

ストレス社会と呼ばれる現代では、常に女性らしくすることは難しいのかもしれません。

フェイスラインの悩みが解決したら、優しい気持ちで過ごせる一日をあなた自身にプレゼントしてあげてください。

注目記事