脱毛以外で顔の産毛を処理するなら「カミソリで剃る」一択の理由

kamisoiroai
顔の産毛は、肌がくすんで見える原因のひとつ。
毎日産毛なしのぴかぴか素肌でいたいですよね?
しかし、完全に脱毛するとなると費用もかかるし…。

顔の産毛脱毛は費用がネックになっている人に、もっとも手軽で安全性の高い産毛処理方法「顔そり」についてご紹介いたします。

顔の産毛の自宅ケアは「顔そり」がおすすめ

自宅での顔の産毛処理は、プロの手による脱毛とくらべるとやはり肌を傷つけるリスクはあります。

自分で顔そりをするなら、しっかり手順を守って安全に行いましょう!

いくらかかるの?顔脱毛VS顔そり

脱毛サロンでの顔脱毛の平均予算は、約6万円ほど。
医療レーザー脱毛の場合は約10万円です。

顔の産毛は細く、遠目では目立ちません。
ちょっと気になるけど、何万円もお金をかけるほどではないな…という人も多いですよね。

一方、自宅での処理方法でもっともポピュラーなカミソリを使った産毛剃りのコストはどうでしょうか。

顔そりに使用するL字カミソリは100均で購入できます。
シェービングクリームは、超高品質の保湿成分配合だとしても1万円も出せば高級品が手に入ります。

コストを比較すると、圧倒的に自分で顔そりをする方が安く済みそうです。

本来、顔のうぶ毛の自己処理はデメリット多数

安さを言うなら、顔そり以外にも自宅ケア方法はたくさんあります。

しかし、「自分で処理するなら顔そり一択!」を主張したいのには、その他の自宅ケア方法に隠れたリスクがあるからです。

≫もっとも安全な顔のムダ毛処理方法は脱毛!顔脱毛のキャンペーン情報を読む

産毛取りフェイスパック・ワックス

パックを産毛をまきこむようにマッサージをしながら塗りこみ、乾いたらはがすタイプの産毛処理コスメです。

吸着力が強く毛根から産毛を抜き取ってくれますが、その分痛みや肌への刺激が強く、敏感肌さんには不向きです。

抑毛・脱毛クリーム

使い続けることで少しずつ産毛が減っていくアイテム。
「今すぐにこの部分の産毛を処理したい!」という望みはかなえられません。

脱毛ローラー

産毛の流れに沿ってコイル状になっているローラーをあて、産毛を巻き取っていきます。

抜くのとほぼ変わらないので長持ちすることがメリットですが、その分かなり痛みがあり、刺激が強い処理方法です。

毛抜き

毛抜きでの処理は痛みが強いことからもわかる通り、肌への刺激が非常に強い行為です。
無理やり毛を抜いたことで、毛穴から雑菌が入り込み炎症するリスクも高め。
また、毛根が変性して、埋没毛になることもあります。

だからオススメ!「顔そり」の美容メリット4つ

顔そりをオススメする根拠は、低コストや低リスクだから、だけではありません!

顔脱毛に美肌効果があるのと同様に、顔そりにも美容メリットがあるのです!

1.くすみ肌が一転!「透明ツヤ肌」に!

光の反射でハリツヤ感アップ

顔の産毛がなくなることで皮膚表面のおうとつがなくなり、滑らかな状態になります。
すると、光の反射が良くなり、肌のツヤやハリ感が大きくアップ!
透明感と若々しさをもたらしてくれます。

古い角質を一掃!ピーリング効果

皮膚は古い角質が剥がれ落ちるタイミングで、新しい細胞を生み出します。
乾燥などの原因で古い角質がいつまでも剥がれ落ちないでいると、肌のくすみやごわつき、ターンオーバーのさまたげに。

顔そりによってカミソリで産毛を剃るとき、同時に皮膚の表面に出ている古い角質も剥がれ落ちます。
定期的に顔そりをすることで、まるでピーリングをしたような生まれたての素肌をキープできます。

2.毛穴つまりオフで「ニキビ予防」

ニキビの原因のひとつに、毛穴につまった汚れが炎症を起こしていることがあります。
顔そりをすることで、毛穴を詰まらせていた角質や汚れが落とされます。

通常の洗顔でも毛穴を清潔に保ちやすくなるので、ニキビの原因菌が繁殖しづらくなります。

3.「メイクのノリ」がアップ!

顔の産毛がふわふわと生えっぱなしの肌では、いくら一本一本は細い毛であっても、メイクが素肌となじみません。

きれいに産毛をケアし肌表面を平らにした上でファンデーションをのばせば、陶器のようにつるりとした美肌を演出できます。

4.スキンケアコスメの効果アップ!

先でも触れたように、顔の産毛は細い毛であっても素肌を覆うベールのような存在です。
顔そりをしてそのベールを取り除くことによって、化粧水や乳液、高級美容液などがしっかりと素肌に染み込むようになります。

プロ直伝「顔の産毛を剃る方法」とは?

顔そりのメリットがわかったところで、いよいよ顔そりの本番です。
レディースシェービングのプロも実践する、顔の産毛そりの方法を徹底解説します。

いつ?どこで?

おすすめは夜。
お風呂上りのスキンケアをするタイミングが最適です。

朝や日中の顔そりは、敏感になった肌に紫外線を浴びせる可能性があるのでお勧めできません。
夜であれば、太陽やメイクの負荷がかからない上に、睡眠で肌を休ませられます。

また、お風呂の後は皮膚が蒸れてやわらかくなっているので、肌を傷つけずに剃りやすくなっています。
ただし、場所はお風呂場ではなく、清潔な部屋で行います。

水気の多いバスルームは、意外に雑菌が多いもの。
面倒くさがらずに、一度場所を移して行いましょう。

顔そりに必要なものを準備しよう!

蒸しタオル

清潔なハンドタオルを用意して、蒸しタオルにしておきます。
電子レンジを使うと簡単に蒸しタオルができますよ。

シェービングクリーム

顔の肌につけるものは、人それぞれ相性が異なります。
できれば家族が使っているものではなく、自分用のシェービングクリームを用意しましょう。

石鹸やシェービングウォッシュは、肌に必要な皮脂まで落としてしまい、皮膚を乾燥させてしまうので使用を控えます。

L字型カミソリ

顔のようにおうとつが多い個所のシェービングには、刃の幅が広いT字型カミソリは不向き。
細かな部分にも対応しやすい「L字型カミソリ」がおすすめです。

また、カミソリに抵抗がある人は「電動シェーバー」を併用しても。

顔そりの前のスキンケア

安全で肌に優しい顔そりには、事前のスキンケアがとても大切です。

メイク落としは完璧に

メイクが残っていると、産毛を剃った後の敏感な皮膚にも汚れが移ってしまいます。

優しい力加減で、しっかりとメイクオフ、その後のダブル洗顔をしましょう。

ただし、ゴシゴシ擦って落とすのは肌への負担を強めるのでNGです。

蒸しタオルで毛穴を開いて

メイクが残ってないことを確認できたら、蒸しタオルを顔に当てて毛穴を開きます。
毛穴を開くことで、産毛を根元から剃りやすくなります。

また、蒸しタオルで肌を蒸らすことで肌がやわらかくなり、古い角質を落としやすくなります。

保湿クリームでうるおいを

乾燥している肌は硬くなっていて、顔そりをしたときに肌へ余計な負担をかけてしまいます。
顔そりの前にはいつも使っている保湿クリームや乳液を使用し、肌へうるおいを与えておきます。

顔そり本番!手順をチェック!

いよいよ顔そりスタート!
正しい手順をチェックしていきましょう。

基本的に、毛が生えている方向に沿ってカミソリを動かしていきます。

Tゾーン

髪の生え際から、鼻筋の方へ下向きに剃ります。

眉上、眉下ともに、眉の輪郭外の産毛を眉間からこめかみの方向へ剃ります。

こめかみ

頬の方向へ下向きに剃ります。
眉尻を剃り落とさないように注意。

鼻の輪郭に沿いながら、下向きに剃ります。

鼻の下

中央から左右の口角へ向けて剃ります。

口の下

下唇のすぐ下から顎へ向けて剃ります。

顎、フェイスライン

耳の下から顎の方向へ剃ります。
フェイスラインは影になって剃りにくいので、皮膚を頬の方へ引き上げながら剃っていきましょう。

こんな剃り方はNG!

ついやりがちな、NGな剃り方を見ていきましょう。

毛の流れと逆に剃る

深剃りをするために、毛の流れと逆方向から剃る…。
ついやりがちですが、これは肌の角質を過剰に剃り落としてしまう可能性があるため厳禁です。

同じ場所を何度も剃る

一度剃った箇所は、すでに顔そりを行っていない皮膚よりも敏感になっています。
一度剃ったところを再度剃る「二度剃り」は、肌に大きな負担をかけるのでNG。
一発で決めていきましょう。

太い毛はピンセットで抜く

太く目立つ毛は、つい毛抜きで抜きたくなってしまいますよね。
しかし、産毛のNGな処理方法でもご紹介したように、顔への毛抜きの使用は刺激が強いのでNG。
あくまでカミソリで剃り落としましょう。

顔そり後のスキンケア

顔そり後のスキンケアは、産毛処理後のトラブルを減らすとても重要なポイントです。

いつもよりもしっかりと保湿ケアを

日頃から保湿ケアを欠かさないという人でも、いつもよりさらにしっかりと基礎化粧品を重ねづけします。

顔そりをした肌はピーリング仕立てのような生まれたての状態。
外からの刺激にも普段より弱くなっています。

しっかりとうるおいを与えることで、外部からの刺激から皮膚を守ります。

イソフラボン配合がおすすめ

基本的にはいつも使い慣れている基礎化粧品でのケアでOK。

もし買い足すなら、女性ホルモンと似た働きをする成分「イソフラボン」が配合された保湿化粧品がおすすめです。

女性ホルモンはムダ毛の発毛を抑える効果があると考えられています。
大豆イソフラボンや豆乳の表記があるローションなどを併用して。

刺激の強いスキンケアは厳禁

顔そり後の肌には、刺激になるスキンケアはNGです。

スクラブや塩が使われているもの、ピーリング効果のある石鹸やふき取りローションなどの使用は避けましょう。

顔そりはどれくらいの頻度でするべき?

顔の中でも、産毛の密度や成長速度は異なります。
特に鼻下は気になりやすい部分なので、1週間に一度程度なら剃っても負担になりません。

その他の部分は3週間から1か月に一度程度が理想です。

剃ると濃くなる?顔剃りの疑問にアンサー!

「ムダ毛は剃ると濃くなる」一度は耳にしたことのあるウワサだと思います。
顔の産毛もそうなのでしょうか?

その他、顔の産毛そりにまつわるウワサについて回答します。

Q.「剃ると濃くなる」ウワサは本当?

A.ウソです。

産毛を剃ることで、産毛が増えたり、元の毛の太さより太くなることはありません。
このウワサが実しやかにささやかれ続けているのは、実は剃り方が間違っていたため。

剃り落とした毛の根元の部分は毛先よりも太くなっているので、それが成長して肌表面に出てきたことで濃く見えるのです。

ご紹介した正しい剃り方、剃る前にしっかりと毛穴を開き、毛流れに沿ってカミソリを滑らせることを守れば、毛の断面が斜めになるため濃く見えることはありません。
 

顔の産毛は必要だから生えているのでは?

A.確かにその通り。でも…

顔の産毛の役割としては、
・産毛が抜けるとき、毛穴につまった汚れを出す
・紫外線からの保護
・外気に混ざるホコリやゴミからの保護
・雑菌からの保護

などがあげられます。

しかし、生えっぱなしは見た目に悪く、しかもストレスや年齢によるホルモンバランスの変化によって、産毛が濃くなることもあります。

毛穴の汚れは顔そりによって落とせますし、紫外線など外からの刺激の保護は、日焼け止めやスキンケアコスメによって保護できます。

顔の産毛に任せず、スキンケアによって肌を保護した方がメリットは大きいと言えるでしょう。

剃らない方が肌に良いって聞きました…

確かに、何も下準備もなく顔にカミソリを滑らせれば、必要な角質や皮脂まで奪ってしまいかねません。

ご紹介したように、正しい手順で顔そりを行えば、ほとんど肌に負担はかからず、それどころか肌の新陳代謝を活性化するなど、プラスになることが多いです。

ニキビができたときはどうしたら?

ニキビができた部分は、おうとつに刃が引っかかって傷つけてしまい、炎症を起こす可能性があります。
その部分は避けて顔そりをするか、鎮静化するまで顔そりをやめましょう。

女性用シェービングクリームってあるの?

A.あります。

美容液が配合されたタイプや、敏感肌でも使いやすいレディースシェービングクリームが発売されています。
リベルタの「ヴィシェーブ シェービングクリームW」やラッシュの「Dirtyシェービングクリーム」などは、顔の皮膚に使うことを前提にして作られているので安心です。

顔にカミソリを当てるのは怖い…

A.プロに任せることも可能!

顔そりが安全で肌にも良いことはわかったけれど、自分で顔そりをする勇気が出ない…そんな人は、ぜひプロに任せましょう。

女性の顔そりを専門に行っているシェービングサロンなら、1回5000円程度でやってもらえます。
プロの手で剃ってもらえるので安心ですし、高い技術によって産毛なしの素肌を長期間キープできます。
もちろん、理容院でお願いすることも可能です。

≫顔そりが怖い人は「顔脱毛」でずっと手間いらずの透明肌に♪

顔そり前後のスキンケアと剃る手順が大切!

大事な顔にカミソリを当てるなんて!と抵抗を感じる女性もいるかもしれません。
しかし、正しい手順を守って顔そりを行えば、メリットが大きいスペシャルケアになります。

大切なことは、
・顔そり前のスキンケア
・顔そりの手順を守ること
・顔そり後のスキンケア

これらを怠らなければ、脱毛サロンには手が出なくても、文字通り「一皮むけた」ような垢抜け肌が手に入るはずです。

注目記事