シミやくすみには顔脱毛が効く!?効果が期待できる3つの理由

yoajfia
顔にシミやくすみがあると、顔脱毛はできないと思っていませんか?
それどころか、顔脱毛することによってシミやくすみが増えるといった噂も…。

噂だけで顔脱毛をやめてしまうのは待ってください。
トラブルがおこるどころか、顔脱毛の種類によってはシミを薄くする美肌効果が期待できる顔脱毛まであるのです!

正しい知識で美肌を手に入れましょう♪

顔脱毛でシミやくすみが増えるって本当?

simigenn
シミができやすい人、既にシミができている人は「顔脱毛したらシミが濃くなったり、増えてしまうのでは?」と悩みがちですよね。

きれいになるはずの顔脱毛でシミが増えるのは誰でも嫌なものです。
では「しみができた」というのは何が原因なんでしょう?

スキンケア不足

しみができてしまう原因は、施術後のスキンケア不足による乾燥や、紫外線による負担(施術後紫外線を浴びてしまった)が多くあげられます。

脱毛する際の注意として、スタッフさんからスキンケアや紫外線についての説明をうけると思うので、それを守り、脱毛後のスキンケアを怠らなければ、シミができてしまうことはありません。

特に脱毛後は肌が乾燥するのでしっかりとケアを行う必要があります。
しみだけでなく、肌荒れなどの肌トラブルも防げます。

既にあったシミが表面にでてきた

顔脱毛で肌のターンオーバーが促されたことにより、もともと生まれていたシミが表面に出てきた場合があります。

この場合は、お肌が生まれ変わることでシミが薄くなっていくため、顔脱毛を続けることでシミが消えていきます。

施術によるやけど

口コミでたまに見かける「脱毛でやけどをした」というものは、処置が足りないことが主な原因です。

最新鋭の脱毛機器、しっかりとした脱毛の知識とテクニックを持っている施設を選ぶことで、施術によるやけどは防ぐことができます。脱毛する際のケアがしっかりしているところであれば、このようなトラブルは起きません。

顔脱毛がシミやくすみに効果が期待できる3つの理由

脱毛でシミはできないことは理解できたけれど、くすみやシミにきくってどういうこと?

1. 脱毛の光は「シミ」を取り除くものと同じ

光脱毛の仕組みは、黒い色素に反応するフラッシュ(赤外線)によって、毛根を破壊します。つまり、シミを増やす紫外線とはまったくの別もの。なので、紫外線によるシミができることはありません。
脱毛で使用されている光は、もともとシミを取り除くのに使用されていた機械です。
顔脱毛でシミが取れるというのはそういった理由があるからなんですね。

2.コラーゲンの生成を促す

光脱毛はアンチエイジング効果があります。
コラーゲン生成が活性化され、ハリが増し、毛穴が引き締められ、肌のうるおい保持力が増すため、透明感が生まれます。
また、医療レーザー脱毛にも美肌効果があるものも。永久脱毛と同時にシミやホクロ消しができます。
(湘南美容外科クリニックのアレキサンドライトレーザー、マグノリア皮膚科クリニックのダイオードレーザーなど)

3.肌の摩擦によるくすみがなくなる

肌のくすみの原因は主に産毛です。つまり、くすみをとるには顔のムダ毛をなくすことが一番。
顔脱毛することで、今まで毛を剃っていたお肌の負担が減ります。
脱毛することで産毛でくすんでいたお肌に負担をかけることなく、肌は明るくなり、くすみを改善することができます。

シミがあると顔脱毛ができない場合はある?

顔脱毛がシミ消しに期待できることはお分かりいただけたでしょうか?
しかし、シミにも色々な種類があり、その中には顔脱毛を避けた方が良いものもあります。
症状やケース別に見ていきましょう。

シミを治療中、考えている

顔脱毛とシミを消すためのレーザー治療は同じ期間に受けても問題はありません。
同じ日、あまりにも近い間隔ではできませんが、1週間以上空ければ可能です。

加齢によるシミ、ホクロ

光脱毛を使用するほとんどのエステやクリニックではそのまま照射 します。
大きくて濃いシミやホクロはシールを貼ることで施術を受けることが可能です。しかし、シールを貼っている場所は脱毛効果を得ることはできません。

黒ずみ、くすみ

肌は乾燥していたり、古い角質がたまっていたりすると、黒ずんで見えたりくすみ感が出てきます。
これは黒い色素が肌表面に出ているわけではないので、当然脱毛可能です。
むしろ、脱毛によって透明感が増したといった口コミが多いので、安心して施術してもらいましょう。

明らかに黒いといった場合は色素沈着なので、色の程度によってはエステティシャンの判断を仰ぎましょう。

色素沈着

色素沈着は、肌が何らかの刺激を受け、防御反応としてメラニン色素が過剰に分泌されることで起こるシミの一種。
虫刺されや火傷などのあとにできる「炎症後色素沈着」が一般的です。

エステサロンによって対応が異なりますが、基本的に光脱毛は「黒」に反応するので、色素沈着程度の色であれば脱毛可能です。

そばかす

sobakasu
顔全体に広がる、色が濃いそばかすは脱毛ができない可能性があります。
色素沈着と同じく、黒いメラニンに反応するため、そばかすに反応してやけどのような状態になってしまうことがあるからです。

程度にもよるのでサロンスタッフとよく相談しましょう。
ホクロと同じようにシールを貼ってくれるサロンやクリニックもあります。

ニキビ跡

基本的には施術できるとされています。
ニキビ跡はほくろやシミと違い、薄くなっていることが多く、ニキビ跡ぐらいの薄いシミならば強く反応しません。
ニキビそのものについては程度にもよるため、しっかりとサロンスタッフに相談してください。

肝斑

医療レーザー脱毛、光脱毛の場合は施術はできません。
また、ハイパースキン脱毛はできますが、肝斑の原因は女性ホルモンのため、肝斑のシミを脱毛で改善することはできません。

美肌脱毛なら「ハイパースキン脱毛」!

美肌効果が期待できる光脱毛の中でも、ディオーネが提供するハイパースキン脱毛は美肌効果が高く、メディアでも注目されています。

美顔になれる脱毛

ディオーネの脱毛は、フォトフェイシャル(美顔エステ)で使用される機器の仕組みを応用したもの。

コラーゲン生成を促す光を約3割ふくんでおり、乾燥や肌のハリ、さらにシミやくすみを薄くする効果があります。

着実にシミを薄くしたい、という人には、「しみデトックス」という顔脱毛に併用できるコースもおすすめです。

痛みを感じない脱毛

一般的なフラッシュ脱毛やレーザー脱毛の照射温度は60~80度もありますが、ハイパースキン脱毛は体温と変わらない38度。
子供でも照射できる温度だからやけどのリスクはゼロです。

完全に痛みもなく脱毛ができるのは、今現在ではハイパースキン脱毛だけです。

効果を早く実感できる

顔全体の脱毛効果を実感するには12回程度の施術が目安ですが、シミけしなどの美肌効果は3回目くらいから実感できます。早く実感できればできるほど、サロンに通うのが楽しみになりますね♪

顔脱毛でくすみもシミもゼロの美肌に♪

顔脱毛はワキ脱毛の次に人気な脱毛箇所です。顔は目に一番つきやすい場所。キレイにしたいのはみんな同じ。おしゃれに敏感な人はすでにはじめています。

顔脱毛をすることで、今まで悩んでいたくすみやシミもなくなってしまう、まさに一石二鳥!
毎日のお手入れも楽になる顔脱毛、ぜひ皆さんもやってみて美肌を手に入れてください♪

注目記事