顔脱毛したら肌荒れ!?肌トラブルを起こさないための注意点とは?

kl;k;kaf;k
ピカピカのムダ毛なし美肌を夢見て脱毛を始めたら、
肌荒れが起きて肌がボロボロ、なんてことありませんか?

もしかしたらその肌荒れ、脱毛以外にも原因があるかも…?

この記事では脱毛にまつわる肌荒れの原因と肌荒れを起こさないための方法を紹介します。
しっかりと学んでいきましょう。

≫敏感肌も安心の脱毛サロンを知りたい人はこちら

脱毛で起きる肌トラブル

tyuui
脱毛を始めたとたんに、急に肌荒れが起こってしまった人もいるでしょう。
そうなるとショックですよね。

脱毛することで、どんな肌トラブルが起きるのでしょうか。
主な肌トラブルを紹介します。
脱毛を始める前に起こりうる肌トラブルをよく知っておきましょう。

火傷にご注意

脱毛には、「光脱毛」と「レーザー脱毛」があります。
いずれも表皮に存在する毛などの黒い色素に反応する光線を照射し、毛根にダメージを与える脱毛法です。

この2つは毛根に熱を与えて毛が生えないようにするため、照射によって火傷してしまう場合があります。
照射の出力を上げると脱毛効果は高くなりますが、肌の弱い方はもちろん、体調によっては火傷することもあります。

光脱毛とレーザー脱毛をする場合には担当者と話し合いながら進めてください。

刺激が強すぎた?肌の炎症

脱毛は、光線を利用して毛根に熱を加えます。
普段受けないような感覚を肌に与えることになるのです。
すると、肌が驚いて、赤くなったり腫れたりといった炎症を起こすことがあります。

だから光脱毛やレーザー脱毛の後は、しっかり冷やしたり保湿を行いましょう。
そうしないと、赤みが引かなかったり、顔が熱を持つことがあります。
照射後のケア次第で、炎症はずいぶん抑えられるので、気を付けてみてください。

キャー!毛穴の開きが引き起こす悲劇

光脱毛やレーザー脱毛は黒い毛に反応させて脱毛を行うので毛穴には相当のダメージがかかります。

そのため、脱毛の照射を行った後は、しっかり肌を冷やして毛穴を引き締めたり、保湿を行わなかったりすると、毛穴が開いたままになります。

開いたままの毛穴にしておくと角質がたまり、毛穴に雑菌が入って毛嚢炎を起こすことも。

さらに、そのまま照射を受けると、黒ずみやシミになる恐れもあります。
脱毛後のキレイな肌を目指して、日々のケアも怠らないようにしましょう。

逆に毛が増えたり硬くなる?!

毛根に刺激を与えるので、そのまま毛が「スルッ」と抜け落ちるのが脱毛の仕組みです。

しかし、まれに光線に耐性を持つ毛が出てくることがあります。
すると、脱毛を行っているのに、毛が硬くなったり増えたりします。

このような症状が見られた場合には、施術者と相談して光線のレベルを変えるなどの対策をとってください。

実はこれが肌荒れの原因かも?脱毛後に○○忘れてた!

肌荒れの原因は脱毛の施術だけとは限りません。
脱毛後に、あるケアを忘れると、肌荒れにつながることがあります。
「照射を受けて終わり!」ではなく、その後のケアもしっかりと行って美肌を手に入れましょう。

保湿ケア忘れ

熱を加えて脱毛を行うので、肌は普段よりも表皮が高くなっていたり、乾燥しやすくなっています。赤みを帯びた肌も同様です。
脱毛の施術を受けて肌は軽い炎症を起こしているので、必ずしっかりと保湿をすることが重要です。

保湿をしないと、肌の炎症がおさまらず痛みを感じたり、肌がガサガサになったりする可能性があります。

だからこそ、保湿ケアはしっかりと行ってください!

日焼けしてしまった!

脱毛の照射によって表皮は傷ついた状態になっています。
紫外線を防ぐ表皮がダメージを受けているため、その肌状態で日に焼けてしまうと、紫外線を吸収してしまうのです。

また、脱毛後の保湿に加えて、日焼け止めの対策も念入りにしておかないと、シミになってしまいます。
メラニンに反応するレーザーや光脱毛が受けられなくなる恐れもあるので、十分に気を付けてください。

入浴しちゃった!

熱が加わった肌は炎症を起こしやすい状態にあります。
また、毛穴が開いた状態になっていることから、ばい菌が入りやすくなっているのです。

そんな肌が熱を持っている状態で入浴すると、顔が腫れたり赤みが酷くなるケースがあります。
そうならないためにも念のため照射当日の入浴は避けた方がよいでしょう。

熱するよりも保湿ケアなどを通じて肌をクールダウンさせてあげましょう。

肌荒れを起こさないために!脱毛前後にすべき対策

せっかくキレイになるために脱毛するのに、肌荒れがストレスになってしまっては台なしです。
脱毛前後、きちんと対策すればほとんど肌荒れを起こさず健康な肌でいられます。
脱毛後、絶対に行うべきケア方法を覚えておきましょう。

いつの季節でも必ず保湿をすること

hosiaiot
脱毛をしている・していないにかかわらず、肌の保湿は怠らないようにしましょう。

脱毛後は特に、肌が乾燥しやすくなっています。
また炎症を抑えるためにも水分を外から入れることは不可欠です。

化粧水、乳液、美容クリームなど、保湿する成分をたっぷりと念入りに肌に入れてボディケアしましょう。

保湿することで、脱毛後の肌トラブルはほぼ避けられます。
しっかりと覚えておいてください。

紫外線対策をすること

脱毛前に日焼けしてしまうと施術が受けられないこともあります。
さらに、脱毛後も肌が敏感になっているため紫外線を受けると肌荒れの原因になってしまいます。
しっかりと紫外線対策をしましょう。

生理前、生理中の脱毛は避けること

脱毛サロンのほとんどはVIOを除き、生理に関係なく脱毛を受けることができます。

しかし生理前や生理中は肌が敏感でストレスを受けやすいため肌荒れの原因にもなりやすいです。
脱毛前の事前処理、脱毛は避けるのが望ましいです。

女性は特に気を付けてください。

肌荒れ・敏感肌でも安心の「ハイパースキン脱毛」を選ぶ手も

肌が弱く荒れやすい体質の人なら、最初からもっとも安全な脱毛方法である「ハイパースキン脱毛」を選ぶ方法も!

敏感肌専門脱毛サロンであるディオーネが提供する脱毛方法で、アトピー、ニキビ、なんと3歳の子供の肌でも安全に脱毛できるんです!

ディオーネの光脱毛にはフォトフェイシャルのエステと同じ光が使用されているので、美顔効果も期待できます。

脱毛後の肌荒れが怖い&肌のコンディションを整えながら脱毛をしたい人にぴったりです!


≫敏感肌専門脱毛サロン「ディオーネ」の公式サイトを見てみる

しっかり肌ケアで肌荒れ知らず!

脱毛でツルンとした肌を目指すなら、脱毛で引き起こされる肌荒れの原因もよく知っておくことが大切です。

保湿や日焼け予防など、日常のスキンケアと同じケアで肌荒れを十分防げます。

自分の肌質もしっかりと把握して、ケアを行いながら、ムダ毛のない美肌を目指しましょう!

注目記事