小鼻は?眉間は?気になる顔のうぶ毛を脱毛できる部位まとめ

gf1420116526一口に顔を脱毛といっても、実際にはどこまで施術してくれるのでしょうか。

当然ですが、顔の中には目や鼻、口があって、さらにまつ毛や眉毛、髪の毛の生え際など、いろいろな部位があります。

「結局どこのうぶ毛まで脱毛してくれるの?」「生え際とかってどうなるの?」「もみあげは?」「眉毛の周りってどんな仕上がりになるの?」

この記事では、顔脱毛の部位に関するいろんな疑問すべてを解消していきます。

顔脱毛には産毛や毛をなくすだけでなく、美肌効果も期待できるので疑問を解決してぜひ試してくださいね!

脱毛できる範囲・箇所は限られています

顔脱毛をエステサロンでやってもらおうとしても、できる部位とできない部位があります。
これはエステサロンだけでなく、医療クリニックでも同じです。

顔にあるすべての産毛を処理できるわけではないので、あらかじめそこは認識しておくようにしましょう。

顔の部位ごとの脱毛事情

それではこれから脱毛できる部位、できない部位を一つずつ説明していきます。

おでこ(額)

hitai
実は意外とムダ毛が目立つのがおでこなんです。

特に髪の毛の生え際からそのまま濃い産毛が生えてしまっている場合、ムダ毛なのか髪の毛なのかの判断が難しいです。

しかし、おでこを自然な生え際にしてキレイにすると、顔の印象も明るくなるのでおすすめです。

ただし生え際の処理は技術やセンスが必要になりますので、脱毛する前はエステティシャンの方としっかり相談するようにしましょう。

眉毛・眉下

基本的に眉毛や眉下は自分でカミソリや毛抜きで処理していうことが多いと思います。

また、トレンドによっても細い眉、太い眉と変わってくるので、ギリギリまで脱毛するよりは、ある程度超世いができるようにするのがオススメです。

ただし、濃すぎて悩んいでいるといった人は、数回脱毛してしまって、毛量を調整するのもいいですね。

眉毛・眉下は目に近い部位なので、脱毛できるサロンとそうでないサロンがわかれます。事前にしっかりと確認するようにしましょう。

眉上・眉間

眉毛と違って眉上・眉間のムダ毛は絶対に無いほうがいいので、気になる方は脱毛がオススメです。また、眉毛・眉下に比べて対応しているサロンが多いです。
しかしこちらも目に近い部分ではあるため、事前の確認が必要です。

眼の周り

眼の周りもじつは結構うぶ毛が気になる部位なんですよね。
人は目をみて会話をするので、当然目元のムダ毛は人に気づかれやすいのです。

しかし他の顔の部分よりデリケートで、目の下などはとくに皮膚が薄いので、ムダ毛処理するには注意が必要です。

多少の刺激にも痛みを感じやすく、またシミやくすみなどの色素沈着を起こしやすいので、肌トラブルの原因となります。
そういった事情もあり、施術をしない脱毛サロンも少なくありません。

また、フラッシュ脱毛の施術方法として、光を照射しての脱毛になります。
目への影響も考えられますので、当然まぶたの脱毛はすることができません。

脱毛をするときは事前にカウンセリングでリスクなどの注意事項を聞いておきましょう。

鼻・小鼻

気づいてない人も多いのですが、実は鼻や小鼻にもうぶ毛はぎっしりと生えています。

脱毛することでワントーン明るくなるのはもちろんですが、毛穴に汚れがたまりやすいパーツですので、脱毛して毛穴を小さくしていくのがおすすめです。

ただし、鼻や小鼻の脱毛をしてくれるサロンは少ないので、事前に確認してください。
(小鼻まで含めて脱毛できるサロンはディオーネとキレイモになります。)

鼻下(口の周り)

鼻下(口の周り)は顔のムダ毛処理の中で一番人気のある部位です。

女性でも男性ホルモンが多かったり、ホルモンバランスが乱れがちな人は、鼻下などが濃くなりがち。
産毛といえども、口の周りがそれなりに濃くなってくるとヒゲのように見えてしまうことも・・。

口元は男性からも特に注目されやすい部分なので要注意です。

自分でカミソリ処理ではお肌を傷つけてしまうので、鼻下や口周りは真っ先に脱毛したい部位です!

ちなみに通常のサロンでは基本的に唇にフラッシュ脱毛を照射することができません。
ですから唇ギリギリの部分の産毛は処理できないことが多いです。

どうしても唇のキワを脱毛したい場合は、ハイパースキン脱毛のディオーネだけになります。

頬(ほほ)

頬も皮膚は薄いので注意が必要です。

また、頬を脱毛していると、歯の銀歯や矯正に脱毛のレーザーが反応してキーンとしてしまうことがあります。

銀歯や矯正していても何も感じない人もいるので、これは実際にやってみないとできるかどうかの判断が難しいです。
(太っていてほっぺたが厚い人は感じなかったりするのか・・・)

検討している脱毛サロンにお試しプランがあれば、体験してから検討したい部位です。

顎(あご)・フェイスライン

ago
顎やフェイスラインも、鼻下と同様にホルモンバランスの乱れによって、毛が濃くなりがちな部位です。

女性なのに顎がジョリジョリしている・・なんて悩みを持っている女性もいます。

でも、顎やフェイスラインも多くのサロンで脱毛できる部位になるので、気になっている方は脱毛を考えてみてください。

もみあげ

もみあげが濃いと、髪の毛を耳にかけたり、1つに束ねてアップにしたりなどもできないですよね・・。

でも、もみあげは脱毛できるサロンが多いので、悩んでいる人はぜひ考えてみてください。

髪の毛と繋がってもみあげになっていると、脱毛できないと思っている人がいますが、自然な形でもみあげだけ脱毛することが可能です。

スタッフさんと一緒に鏡を見ながら、どこまでを脱毛するかを相談できるので、コンプレックスに思っていたら脱毛してしまいましょう。

番外編:鼻毛

女性にとって顔の中で一番いらないのが鼻毛ですよね。

でも、結論としては鼻の粘膜に光を当てて鼻毛を脱毛することはできません。
脱毛サロンなどで見かける「鼻毛脱毛」は、ワックスを使って抜くタイプになります。

鼻毛の生えている場所は、肌ではなく粘膜ですので雑菌などの心配も大きいです。

鼻毛が出ていたりすると、大きなマイナスイメージになりますが、鼻毛にもフィルターの役割があります。

空気中のホコリや細菌、ウィルス等の異物が体内に侵入しないようにという役割です。

これがなくなると、ダイレクトに異物が入ってきてしまいますので、体のトラブルのもとになってしまいます。

気になる鼻毛は、鼻毛カッターやハサミなど自己処理で整えておきましょう。

サロン別の顔脱毛ができる部位と料金

サロン名 ディオーネ 銀座カラー キレイモ ミュゼ
おでこ NG
眉毛 NG NG
眉間 NG
目の周り NG NG NG
NG
鼻下(口の周り)
頬(ほほ) NG
もみあげ NG
顎(フェイスライン)
顔脱毛のみプラン 36,000円 39,000円 無し 36,000円

ディオーネはまぶたや唇、鼻の穴の粘膜以外はほぼ脱毛できます。
また、鼻の頭や小鼻、口の周りなどの気になりがちな部位は、2周の光を当ててくれます。

銀座カラーでも目の周りや眉毛ギリギリ以外は照射可能ですが、6月から9月までの日差しが強い期間は脱毛できません。

顔はなかなか紫外線を完全に避けることができません。
銀カラはILPという、刺激の強い脱毛機を使用しているので、皮膚の薄い顔は万全を期してということでしょう。

ですから、銀座カラーで顔脱毛は1年の半分しか通えないので、6回終了するまでに2~3年かかてしまいます。

ディオーネは多少の日焼けしていても脱毛可能。しかも最短3週間で通うことができるので、早く効果を出したい人にはおすすめです。

キレイモも同じくらいの部位を脱毛できますが、全身脱毛のコースしかないので、顔だけ…という人だとちょっと難しいですね。

でも、全身も含めて顔を脱毛したいという人には、かなりオススメの脱毛サロンです。

また、多くの脱毛サロンでは初めての顔脱毛に向けたファーストプランや、体験価格もあるのでまずは1箇所から、やお試しといった受け方も可能です。
脱毛したい箇所や回数、料金を踏まえてぜひ自分に合った顔脱毛を試してみてくださいね。

注目記事