女性なのにひげが濃い…|原因&対策と間違ったひげの処理方法

鼻の下や、あご、口の周りの産毛が濃くて、まるで男の人のヒゲみたい!
見た目的に、かなりのマイナス要素になってしまいますよね。

ところが、そんな「ヒゲ状態」に悩んでいる女性って、意外と多いのです。
産毛を剃ったりして、一生懸命にお手入れしてみても、根本的な解決にはならず、それどころか更に濃くなってしまう場合もあるんです!

では、どうすればヒゲをなくすことができるのか。そして、どうして口周りの産毛が濃くなってしまうのか。解説していきましょう。

ヒゲ状態になる原因は?

女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが活発に

まず注目するべきは女性ホルモンです。
女性ホルモンとは、女性が女性らしさを維持するために、とても大切なホルモンです。

「恋をすると、女性はキレイになる」といわれていますが、これはあながちウソではありません。
恋をすることによって、女性は女性ホルモンの分泌が活発になるからです。
つまり、女性ホルモンは「キレイ」の源といえるのです。

ヒゲ状態の原因は、その女性ホルモンの減少にあります。

女性は、女性ホルモンしか持っていないわけではありません。
実は卵巣などで、男性ホルモンも作られているのですが、普段は女性ホルモンによって抑制されています。

しかし、女性ホルモンが何らかの要因で減少してしまうと、男性ホルモンが活発に働き出してしまうのです。
口周りの産毛が濃くなってしまうのは、そのために起きる現象の一つなのです。

男性ホルモンが増える原因は?

女性はストレスや環境悪化などで、体に負荷がかかると、男性ホルモンが増えてしまいます。
なぜなら男性ホルモンが「体を強くする」からです。つまり、体の防御機能なわけです。

そして、男性ホルモンが増えてしまう原因としては、

・ストレス
・不規則な生活
・偏った食生活
・体の冷え
・睡眠不足
・炭水化物をとらない

などが挙げられます。

ほかにも、もともと男性ホルモンの分泌量過剰が原因の「多毛症」という病気の場合もあります。

女性ホルモンを増やす方法・4選

ヒゲが生えないようするには普段から女性ホルモンが増えるように気を付けましょう。
そうすると、ヒゲ改善のためだけでなく、美容と健康キープにもつながります!

具体的には以下の方法が有効です。

1・良質な睡眠をとる

ホルモンバランスを整えるために、睡眠は基本中の基本です。
最低でも6時間以上は睡眠時間をとるようにし、寝る時間は一定にするようにしましょう。

就寝直前まで、パソコンやスマホの画面を見ていると、交感神経が刺激されてしまうので避けましょう。

2・食生活の改善

普段からバランスの良い食生活を心がけましょう。
そして、女性ホルモンと似た働きをする「大豆イソフラボン」を含む、大豆製品をとり入れるのがおすすめです。

3・適度な運動

運動は、体調を整えるだけではなく、ホルモンバランスも整えてくれます。

激しい運動をする必要はありません。
汗が出るくらいの運動を30分程度、週に1回の目安でいいので、続けていきましょう。
また、テレビを観ながらでいいので、ストレッチを毎日少しずつするのも女性ホルモン増加につながります。

4・自分なりにストレス解消

恋と同じように、ワクワクするような楽しい体験は、女性ホルモンを分泌しやすくしてくれます。

気分が高揚するような、楽しい趣味を見つけましょう。
映画を観たり、ネイルで気分を盛り上げたりするだけでも効果があります。

絶対ダメ!こんな処理は今すぐやめて

ホルモンバランスを整えようとしても、すぐに効果が出るわけではありません。
しかし、ヒゲが気になるからといって、間違った処理方法を続けていくと、さらにヒゲが目立つようになってしまいます。

カミソリでの処理

カミソリは手軽に処理ができるので、ユーザーも一番多い処理方法です。
しかし、一番注意が必要な処理方法ともいえます。

間違った剃り方を続けていくと、産毛の断面がしっかりして、ハッキリと見えるようになってしまいます。
いわゆる「青いヒゲ」の状態の人は、このカミソリ処理が原因の場合がほとんどです。

できれば、カミソリ処理自体をやめたいところですが、当面はカミソリで処理したいと思うならば、以下の点に注意してください。

①お風呂上りや、蒸しタオルで顔を温めてから
②乳液やクリームで保護して
③逆剃りしないように、毛の流れに沿って
④処理後にしっかりと保湿

これが基本です。
それでも、毛質や肌質によって、青いヒゲになってしまうリスクはあります。

そして、顔が温まるからといって、浴室での顔そりはNGです。雑菌が入りやすく、角質が傷つく恐れがあります。

毛抜きでの処理

青いヒゲ状態になると、毛自体を無くそうと、毛抜きで抜いてしまう人が増えてきます。
これは絶対にダメです!今すぐやめましょう。

毛穴がブツブツになってしまったり、埋没毛(毛が毛穴に埋まった状態)になってしまったりすると、取り返しがつきません。
サロンでの脱毛処理も、できなくなってしまいます。

脱色での処理

脱色は、カミソリや毛抜きほどのリスクはありませんが、見た目に問題があります。

毛を脱色することによって、目立たなくするのですが、光の当たり具合では余計に目立つこともあります。
家の中では目立たなくて安心していたのに、外ではキラキラ光って目立ちまくっていた…。なんてことにもなりかねません。
顔は、一番目が行きやすい場所です。

心の中で「わ~、この人、脱色してるなぁ~」と、思われたくないですよね。

最終的には、サロンが一番!

ホルモンバランスを整えてもなかなか改善しない場合、何らかの処理をすることになります。

しかし、どんな処理方法も、結局は根本的な解決にはなりません。
特に、青いヒゲ状態になってしまったら、ホルモンバランスを整えても改善は難しいでしょう。

最近では、サロンでの脱毛がリーズナブルになってきました。
「早く何とかしたい!もう青いヒゲになってる!」
そんなときは、思い切ってサロンの顔脱毛プランを検討してみましょう。
お顔がツルツル、キレイに、ヒゲ状態から解放されることができます。

注目記事