鼻下のムダ毛処理はカミソリも毛抜きも危険です

af9960008833鼻の下のムダ毛を、自己処理での手段としてカミソリでのシェービングは、最も手軽で時間も費用もかからない方法です。今すぐとか、明日までに、といった場合にはカミソリでのシェービングは何より心強い味方です。でも、いつも剃っていたのでは、肌のトラブルを招いてしまう可能性も大きくなってしまいます。角質の削り過ぎや、目に見えない小さな傷が肌についてしまうことで雑菌がトラブルを起こす、角質が分厚くなってしまうことだってあります。どうしてもという時は、カミソリの刃を清潔なものにして使う、カミソリの刃の摩擦を少なくする為に刃が滑りやすくなるものをたっぷり使う、ということに気をつけなければいけません。肌に塗るのは、ホイップした洗顔フォームでも、乳液でもいつも使っている肌に合うものを使いましょう。

また、鼻の下の自己処理の別の方法として、毛抜きで抜くという方法もあります。顔は痛みを感じやすい部分であり、肌もほかの部分よりも薄くデリケートですので、この方法はあまりいい方法とは言えません。顔の毛は他の部分の体毛に比べると細いので、抜きやすいかもしれませんが、本数から言うと無数の毛が生えています。これを1本ずつ抜いていくと、刺激で肌は赤くなり、中には腫れ上がる人もいます。その後には、傷ついた毛穴に雑菌が入り込みトラブルを起こすこともあります。しかも、毛穴を刺激することによって、色素沈着を起こしたり、シワの原因になることもあります。これらのことを考え合わせると、毛抜きでの鼻の下のムダ毛を抜いたりはしないほうがいいのがわかりますね。

注目記事