顔のムダ毛処理、毛抜きは危険かも…?起こりうる肌トラブル

HT060_350A
みなさんは顔のムダ毛をどんな方法でお手入れしていますか?
できるだけ、毛をしっかり処理したいからといって、毛抜きを使ってはいませんか?

顔全体に毛抜きを使用する場合には正しい使い方を知っておく必要があります。
そうしないと、肌にダメージを与えてしまう恐れがあるのです。

ここでは、顔への正しい毛抜き使用法や肌へのリスクについてお教えします。

知っておくべき顔の毛抜き使用OK・NGゾーン

しっかりと除毛ができる毛抜きは、顔の中でも使って大丈夫な部分と避けるべき部分があります。
正しい使用法を理解して、毛抜きを使い分けましょう。

毛抜きOKな部分は?

毛抜きは、手軽に行えて毛根の一部も除去できます。
そのため、毛がしばらく生えてこないというメリットがあります。
ただし、基本的に、顔周りの皮膚は非常に敏感なので、毛抜きの多用は禁物です。

一方で眉下や眉の周辺は、比較的しっかりとした毛が生えています。
だから毛抜きで処理してもOKです。

処理する際は、洗顔後や蒸しタオルで毛穴を開けて、肌が柔らかい状態で抜くようにしてください。
毛抜きを使用した後は、毛穴が開いた状態になっています。
必ず十分な保湿を行ってください。

注意!毛抜きNGな部分

眉毛周辺以外の顔のムダ毛は、非常に細い毛です。
そのため、毛抜きを使うと、毛穴を傷つけたり肌トラブルの原因となる恐れがあります。
そのため、使用は厳禁です。

特に鼻下やアゴの部分は痛みを感じやすい部分になります。
毛抜きで毛を抜くと刺激で肌が赤くなってしまったりします。
また、傷ついた毛穴から雑菌が入ってニキビになったりすることもあります。

顔の皮膚は、ほかの肌に比べて柔らかく薄いので、毛抜きで無理に引っ張ることはやめましょう。
無理やり毛を抜かれた肌は、「毛のう炎」という肌トラブルを引き起こす恐れもあります。

必読!知っておくべき毛抜きが招く肌トラブル

手軽に顔のムダ毛が処理できるので、ついつい毛抜きを使ってしまう方も多いかもしれません。
しかし、毛抜きを使うことによって引き起こされる肌トラブルも多くあります。

そうした肌へのダメージを知っておかないと後悔することになるかもしれません。
ここでは毛抜きが招く肌トラブルについて解説していきます。

埋没毛になっちゃう!

埋没毛とは、毛抜きで自己処理したことによって、毛穴が塞がってしまい、皮膚の内側で毛が伸びる状態をいいます。

毛を引き抜く際に、太い毛根が毛穴の内部を傷つけます。
その傷がかさぶたとなり、毛が皮膚の外へ伸びるのを妨げることで起こります。

毛抜きによる埋没毛が皮膚の中で伸びると、見た目には黒く映ります。
また、皮膚の表面に毛が出られないので、埋没毛の部分が黒く盛り上がるなど、処理が難しくなり目立ちます。

埋没毛を抜こうとして皮膚を傷つけたり無理やり抜こうとすると、さらに肌を傷つけることになります、
絶対にやめましょう。

ポツポツ毛穴になるかも?!

毛抜きでムダ毛処理を続けていると、毛穴がどんどん広がっていきます。
そして、その広がった毛穴に角栓が詰まり、酸化することによって黒く変色します。
その結果、黒いポツポツに見えるようになります。

また、毛抜きを繰り返すと、毛穴の出口が炎症などによって、ぷっくりと膨れあがることになります。
そして、その中に見える毛はより黒く目立つことになるのです。

避けたい!色素沈着

毛抜きでの処理は、毛穴内部に刺激を与えてしまいます。
その刺激に反応してメラニン色素が生成され、何度も繰り返すうちに沈着することでシミになったりします。

また、無理に毛を引っ張り、毛穴や肌に負担をかけると炎症が起き、黒ズミができてしまうこともあります。
さらに顔は紫外線を受けやすいので、毛穴が開き炎症を起こしていると、シミや色素沈着につながりやすくなります。

一度色素沈着をしてしまうと、元の肌に戻すのが非常に難しいのです。
このことはよく覚えておいてください。

脱毛期間中の毛抜きは絶対NG!

サロンなどで脱毛を行っている期間中は、毛抜きによる自己処理は絶対に避けましょう。

これは顔のムダ毛だけでなく、全身にいえることですが、毛の生えるサイクルは一定ではありません。

脱毛専門のサロンでは、まず表皮に生えている毛を剃り、各毛穴に向けて毛が生えてこない特殊なレーザーなどを照射しています。もし毛抜きを使ってしまうと、せっかくレーザーを当てても、照射対象となる毛根がないので、脱毛の効果は感じられません。

これから脱毛をしようと思っている場合も同様です。
毛抜きの使用は控え、毛根が毛穴にある状態にしておきましょう。

毛抜きの使用はくれぐれも気を付けて!

ムダ毛が気になる部分は、手軽な毛抜きを使ってしまいたくなる気持ちもわかります。

ただ、手軽に毛の処理ができるからといって毛抜きを使い続けていると、さまざまな肌トラブルになりかねません。
もし肌トラブルが起こってしまったら、放置せずに皮膚科など専門機関を受診して早めに対処しましょう。

一方で、処理したいパーツごとに、サロンや電気シェーバーなどを使い分けて毛抜きだけに頼るのはやめましょう。
自分に合ったムダ毛の処理法を考えて肌トラブルに気を付けることが大切です。

注目記事